Home

日本法人

ジャミール商事について

ジャミール商事株式会社(英文:Abdul Latif Jameel General Trading Co. Ltd.)は、アブドゥル・ラティフ・ジャミールの日本法人として1996年に設立されました。日本企業との取り組みや、日本での私たちの活動についてご紹介します。

自動車本部

1996年の日本法人(旧豊美)設立以来、当社はMENATにおけるアブドゥル・ラティフ・ジャミールによるトヨタグループ各社代理店へ長期的に社員を送り、現地メンバーと信頼に基づいた強固なチームワークを構築、ともに新興国特有の問題を解決し、トヨタグループのブランド認知度向上と販売台数拡大に貢献してまいりました。自動車ビジネスに対する広い見識と経験を武器にニューノーマルを見据えてビジネスの成長を求め走り続けます。

レクサス練馬店

2005年にオープンしたレクサス練馬店は、国内初の外国資本によるレクサス販売店です。中東を中心とした世界各国でのレクサス販売実績が認められ、アブドゥル・ラティフ・ジャミールとトヨタとの提携50周年を迎えた記念すべき年に誕生しました。特に、店頭での接客において「お客様第一」を徹底することで、販売はもとよりレクサスブランド価値の維持発展に努めてきました。そのような姿勢が評価され、2012年には東京都内にあるレクサス販売店の中でカスタマーサービスNo.1となり、2013年にはLexus Excellence Awardも受賞。トヨタから要請を受けて設立された、国内唯一の外国資本によるレクサス販売店として現在でも活動を続けています。

住所:東京都練馬区北町3-17-5
電話:03-5945-0111

レクサス練馬店ホームページ

再生可能エネルギー本部

風力発電を中心とした再生可能エネルギー発電事業を、案件開発から運転後の管理まで一貫して手掛けております。2015年に当社本社が取得した世界有数の再生可能エネルギー開発事業者Fotowatio Renewable Ventures(FRV)の知見を活用し、日本および海外において、社会的責務である脱炭素、非化石エネルギーの拡充に貢献してまいります。

グローバル営業開発本部

世界、特に新興国の人々の生活水準の向上に寄与するため、革新的な技術や商品をもつ日本企業と連携し、自動車の関連部品・アクセサリー、省エネ製品、健康食品、感染症対策用品等の商品について、グローバルに事業を展開しています。
また、サウジアラビアに日本の製造業を誘致すべく、現地調査や各関係者との交渉・調整も行っています。日本企業の海外へのビジネス展開やセールス・マーケティング分野を積極的に支援し、日本企業とのシナジーを生み出していきます。

ヘルスケア事業本部

人生を全うする直前まで、不自由なく健康な生活を送れる社会の実現に貢献することを目指しています。また、革新的な医療技術やサービスの、開発から普及に関わる様々な取組みに積極的に参画し、日本のヘルスケア産業の活性化と成長に貢献してまいります。さらには、アジア・中東・アフリカの医療環境が未だ充実していない地域でも、それらの日本発の技術やサービスを提供できる医療インフラを整備し、必要とされる医療を届けるための橋渡しを行ってまいります。

投資開発本部

より豊かな社会の実現に向けて、モビリティ・脱炭素・教育・IoT・金融等の分野において技術革新に取り組んでいる企業と事業提携を進めています。世界でグローバルに展開しているネットワークをレバレッジとし、日本の優れたスタートアップ事業への投資、JV設立、業務提携を行い、MENAT、そして世界へアクセスするゲートウェイ・ナビゲーターを目指しております。

トップメッセージ

ジャミール商事は、1996年にアブドゥル・ラティフ・ジャミールの日本の拠点として設立されました。

以来、トヨタグループの自動車・トラックの輸出を中心に事業を行って参りました。

2005年には、トヨタ自動車㈱がレクサスブランドの販売網を日本国内に設置するにあたり、

レクサス車の販売・サービス拠点としては唯一の外国資本によるレクサス販売店を東京・練馬に開設し、

日本国内での自動車の販売にも事業を拡大致しました。

2013年以降は、アブドゥル・ラティフ・ジャミールと日本の60年以上に渡る取引関係に基づき、日本との関係をより深化させ、

中近東・北アフリカ・トルコを中心に世界の人々の生活水準の向上に貢献すべく、幅広い活動にも取り組んでいます。

具体的には、日本の優れた技術や製品を世界各国に紹介することで、日本の製品を輸出し、

また、日本の製造工場の誘致や現地雇用の創出などの新規事業を開始致しました。

現在は、成熟した市場として安定的な販売・収益を見込むことができる日本で、

再生エネルギー等の日本国内における投資やヘルスケアの分野での製品販売・輸出も実施しております。

また、ヘルスケア、フィンテック、モビリティー等の分野で日本の優れたスタートアップ事業への投資も実施しており、

日本の技術革新の一助となるべく取り組んでおります。

ジャミール商事は、自動車の輸出とレクサスの販売事業を核としつつも、

再生エネルギー、ヘルスケア、フィンテック、モビリティーの分野でも日本企業のパートナーとして活動を続けて参ります。

代表取締役社長 榎並滋喜

榎並滋喜

会社情報

会社名: ジャミール商事株式会社(英文:Abdul Latif Jameel General Trading Co. Ltd.)
本社所在地: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目3番2号 郵船ビルディング1階
設立: 1996年
資本金: 1億円
代表取締役社長: 榎並滋喜
従業員数: 49名
事業内容: 自動車/産業機械・部品、省エネ商材、ヘルスケア製品の輸出・国内販売、環境エネルギー(風力・太陽光等)、スタートアップ企業への投資、レクサス販売店運営
主要取引先: 国内 トヨタ自動車㈱、日野自動車㈱、㈱豊田自動織機、日本郵船㈱、ダイハツ工業㈱、㈱トヨタカスタマイジング&ディベロップメント、(株)日進産業、㈱丸山製作所、サイバーダイン㈱、 (株)VAB、北海道電力ネットワーク㈱、東北電力ネットワーク㈱、三井倉庫㈱、光生アルミニューム工業㈱、㈱杉浦製作所、㈱むそう商事、トヨタマ健康食品㈱、㈱おさだ製茶、他
国外 ALJ Motors, Toyota Algerie, Toyota Du Maroc, ALJ Auto Jameel Egypt,
DJ Auto Otomotiv Yedek Parcalari Tic. A.S , Abazeerほか
業務パートナー: 国内 セルスペクト㈱、㈱JOMDD

Vision

世界の優れた製品・技術をMENAT・アジアに展開する総合商社を目指す。

沿革

1996

前身となる株式会社豊美設立

サウジアラビア向けカーアクセサリー取り扱い開始

1997

ダイハツ取り扱い開始

1999

ダイハツ、モロッコで取り扱い開始

2002

ダイハツ、アルジェリアで取り扱い開始

2003

日野、アルジェリアで取り扱い開始

ダイハツ、トルコで取り扱い開始

2005

レクサス練馬オープン

ダイハツ、サウジアラビアで取り扱い開始

イスラム美術展@世田谷美術館

2007

ダイハツ、エジプトで取り扱い開始

2009

日野、エジプトで取り扱い開始

2010

日野、モロッコで取り扱い開始

2013

10月にジャミール商事株式会社へ社名変更、
現丸の内オフィスへ移転

豊田自動織機(トヨタフォークリフト)、アルジェリアで取り扱い開始

2014

4月に丸の内オフィスに併設しビジターセンター完成

2016

1月に丸山製作所と販売業務提携

2017

8月にサウジアラビアで医療用HALの治療開始

2018

4月にKOSEI INTERNATIONAL TRADE & INVESTMENT社と覚書を締結

11月に小型風車発電開始

2019

11月にセルスペクトと業務資本提携を合意

2020

1月にJOMDDと連携開始

アクセス

ジャミール商事株式会社

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2丁目3-2

郵船ビルディング1階

Google Maps